あのなつ。のネタバレ(1巻)をどこよりも詳しく!無料で読める方法も

あのなつ。
クロ
シロ、なに読んでんだ?
シロ
あのなつ。って漫画だよ。
クロ
どんな内容なんだ?
シロ
えっとね…(以下、あらすじ)

27歳、高校の同窓会に参加した6人。

弁護士秘書のたまき
サラリーマンの巧海(たくみ)
シングルマザーの優華(ゆうか)
靴の販売員・太一(たいち)
IT社長・庄司(しょうじ)
教師の萌(もえ)

は好きだった人の話に…。

すると、「たまきには巧海以外に好きな人がいる」と優華が嘘をついていたことが判明!

本当は両想いだったたまきと巧海。

夜が明けるとたまきは10年前、高校2年の夏に戻っていた。

なんと巧海も戻っていることがわかる。そして、ふたりに届く「嘘つき」というメール…。

-引用:https://www.amazon.co.jp/

シロ
…って感じだよ。
クロ
面白そうだな。で、タイムスリップした後どうなったんだ?
シロ
それをこれからネタバレしていくよ。

このページでは、チカ先生の漫画『あのなつ。』の1巻をネタバレを書いていきます。
 
公式サイトで第1話が試し読みできるので、ここでは第2話からのネタバレになります。

あのなつ。1話を試し読みする。
 
……読みましたか?
 
それでは、たまきが巧海もタイムスリップしていることに気付いたところからネタバレしていきます。
 
※ネタバレ注意

あのなつ。1巻のネタバレ

「もしかして巧海くんも…戻ってる…の?」
 
巧海もタイムスリップしていることに驚くたまき。
 
巧海も信じられないという顔をして、たまきの携帯に自分と同じメールが着ていることに気付く。
 
…と、そこに二人を探しに来たたるが現れ、とりあえず何事もなかったように振る舞う。
 
その日の夜、たまきは巧海から公園に呼び出され、どうしてタイムスリップしたのか、「嘘つき」メールが何か関係しているのか話し合う。
 
たまきはタイムスリップしたことは分からないが、「嘘」については身に覚えがないわけじゃないと話す。
 

「ずっと…言ってしまって後悔してることがあるの…」

 
その時はそこまで意味のある嘘のつもりではなかったんだけど…と、意味深なことを言うたまき。
 
巧海も同じような経験があるというが、もう少し先の話だという。
 
とりあえず、このことは二人だけの秘密にして、少し様子を見ることになった。
 

もう一度会うために

翌日、たまきは塾の夏期講習をサボって学校へ。
 
教室に向かうと、優華と巧海の話し声が聞こえてきて…。
 

「たまきの好きな人ね、たるだよ」

 
あの時と同じ“嘘”をつく優華。
 
そこにたまきが飛び込むと、
 

「なんでよ…まだ早いじゃん!」
 

と優華は驚きを隠せない。
 
その様子を見て、巧海は優華もタイムスリップしていることに気付く。
 
優華が同じ「嘘」をついた理由は、過去と同じことを繰り返さないと元の世界も変わってしまうと思っていたから。
 
それは同時に、未来に出会うはずの息子と会えなくなるかもしれないという恐怖からついた嘘だった。
 
息子と再会するためにはなんだってやるという優華に対し、たまきは「じゃあたるはどうなるの?」と言い争いになる。
 
するとそこに、ボロボロになった庄司が現れる。
 
庄司もタイムスリップしていて、昔イジメていた連中に逆らってボコボコにされたらしい。
 
さらに庄司の口から萌もタイムスリップしていたことが判明。
 
実は庄司と萌は現代で付き合っていた。
 
しかし、タイムスリップした直後に萌は「人生やり直すチャンスだ」と言って、どこかへ消えたらしい。
 
その後、合流した太一もタイムスリップしていることが分かり、同窓会に参加していた6人全員がタイムスリップしていたことが判明する。
 
一方その頃、萌は塾帰りのたるに声をかけていた。
 

告白

たると萌はたまき達が待つ学校へと向かう。
 
そして、たわいない会話をしながら歩いていると萌が突然…
 

「樽丘くん、好きです。ずっと好きでした」

 
ずっと言えなかった想いを伝える萌。
 
驚いているたるに、自分のことなんか好きじゃないのはわかってるから、せめて思い出だけ欲しいと話す。
 

「いっ…1回だけでいいの。それだけでいいのっ、そしたら変われると思うから」

 
人生を変えたいと必死に頼む萌に対し、たるは普段見せないような冷たい表情で答える。
 

「…あのさぁ、自分で何言ってるかわかってる? 秋田さん。変わりたい気持ちはわかるけど、それはダメだろ?」

 
たるの言葉に何も言えなくなる萌。
 
そんな萌を見て、たるは微笑みながらこう言った。
 

「でも まぁ、思い出作りには付き合ってもいいけどさぁ…違うやり方で、ね

 

メール再び

二人が話していた頃、たまき達はたるが来るのを待っていた。
 
そのとき、全員の携帯に【偽善者】と書かれたメールが届く。
 
その内容に疑心暗鬼になる5人。
 
すると太一が、この場にいない萌が送ったんじゃないかと口にする。
 
しかし翌日、たる以外の6人が集まったときに聞くと、萌にも同じメールが届いていた事が判明する。
 

「じゃあ何これ? 迷惑メールってやつ? 警察に届けた方がよくね?」
 
「やめてよ! そんな騒ぎになるようなこと!」

 
とりあえず迷惑メールだろうと思い、優華は萌に元の時代に戻るためにも余計な行動はするなと注意する。
 
そのとき、それまで黙っていた巧海が口を開く。
 

「そのことなんだけど、俺はたるを助けたい
 
「は!?」
 
「このまま元の時代に戻れないまま、あの日を迎えるとしたら…俺はたるを助けるから」
 
「そんな…私から、巧海は私から息子を奪うの!?」
 
「じゃあ おまえはたるを見殺しにするって言うのか!?」
 

言い争う巧海と優華。
 
そんな二人を太一とたまきが止めに入る。
 

「おい! ふたり共ちょっと落ち着けって!」
 
「そうだよ! 巧海くんも冷静になって! たるはまだ死んでない」
 
死んだも同然だろ…おまえらは知らない。今のあいつのこと…あいつは…たるはもう…」

 
そのとき、

 
「なぁ? さっきからみんなで何の話してんの?」

 
振り向くと、そこにはたるの姿が!

 
「ってか何? 俺、死ぬの?」
 

~あのなつ。2巻につづく~

終わりに

クロ
いいところで終わったな。
シロ
巧海がなにを言いかけたのか気になるよね。
クロ
っていうか、たるが怪しい気がするな。

萌が告白した時の目がヤバかったし、メールの犯人あいつじゃね?

シロ
確かにたるの事故に巧海とたまきが関わっているのは間違いないだろうし、他の4人も関わっていたとしたら、メールの内容は辻褄があってる気がするね。
クロ
だろ? あ~続きが気になる。
シロ
そういうときは別ページで紹介した方法を使えばいいよ。

あのなつ。が漫画村で見つからない時に無料で読む方法はこちら
 

時間ができたら2巻のネタバレも書きますが、早く続きが知りたいって方は上記のページで紹介している無料で読める方法を試してみてください。
 
以上、「あのなつ。」1巻のネタバレでした。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です