ぼくは麻理のなかを無料ダウンロードする方法と感想まとめ

ぼくは麻理のなか
クロ
シロ、何読んでんだ?
シロ
「ぼくは麻理のなか」って漫画だよ。
クロ
あ~ドラマ化されたアレか
シロ
そうそれ。その原作を読んでるんだよ。
クロ
どんな内容なんだ?
シロ
えっとね…

というわけで、今回は漫画「ぼくは麻理のなか」のあらすじや感想、漫画を無料でダウンロードする方法を紹介します。
 
すぐに「僕は麻理のなか」を無料で読む方法を早く知りたい方は、目次『ぼくは麻理のなかを無料でダウンロードする方法』をクリックしてくださいね。

ぼくは麻理のなかのあらすじ

まずは「ぼくは麻理のなか」のあらすじを紹介します。
 

上京後、友人作りに失敗したことが原因でまともに大学にも行けなくなり、ゲームばかりの自堕落な生活に明け暮れる日々を送る青年・小森功(こもり いさお)
 
彼の唯一の楽しみは、行きつけのコンビニで見かける、とある女子高生を尾行すること。
 
だが、いつものように彼女の後をつけていたその日、女子高生は足を止め、功の方を振り返った。途切れる功の記憶─。
 
翌朝、功が目覚めると見知らぬ部屋にいた。そして鏡に映っていたのは1人の女の子―。
 
そう、彼がひそかに「コンビニの天使」と呼んでいた女子高生・吉崎麻理(よしざき まり)のなかに入ってしまったのだ。
 
突然の出来事に困惑しながら「麻理」としてなんとか日常を過ごそうと奮闘する功。
 
しかし、クラスメイトの柿口依(かきぐち より)にだけは、外見は麻理だが中身は別人であることがバレてしまう。
 
功と依は真相を突き止めるため、功の家を訪れる。しかし、そこには確かに「小森功」が存在し、麻理の意識が入ってなどいなかったのだ。

 
「じゃあ、麻理さんはどこに行ったんだ…?」
 

麻理のなかの功と依は、麻理を探すため行動を共にするようになるが、謎は深まるばかりで…。
 
果たして、麻理はどこに行ってしまったのか?
 
そして、ふたりは元の体に戻ることができるのか─。
 

ぼくは麻理のなかの感想・口コミ

Aさん
もともと知ってはいたけど、「君の名は。」の新海監督もインスピレーションを受けたと聞いて興味を持ちました。感情描写が細やかで、感情移入しやすくて面白かったです。
Bさん
面白かったです! 一体どうなっているのか、どんな展開になるのか、読み進めるうちにどんどんハマって最後まで読んでしまいました。
Cさん
ぐいぐいストーリーに引き込まれて読みました。押見修造さんの絵の表現が素晴らしくて、人物の表情とか、なんとも言えない魅力があります。
Dさん
最後まで読みました。途中までしか読んでない人、もったいないなあぁって思います。よく考えられたマンガです。いや、人間ドラマです。読むなら全巻読まないとよさは絶対に解りません。読むべきだと思います。
Eさん
学園ハーレムマンガと同じかそれ以上に男性向けだと思います。この作品は、作者が巻末に書いているように、男性の、あくまで「性欲に基づかない」女性化の願望を念頭に置いて描かれたものなので、そこに興味がある方なら、満足できると思います。

ぼくは麻理のなかを無料でダウンロードする方法

ここからは「ぼくは麻理のなか」を無料でダウンロードする方法を紹介します。
 
といっても、違法サイトではないので安心してくださいね。
 
それがU-NEXT(ユーネクスト)というサイトになります。
 
U-NEXT
 
U-NEXTは現在キャンペーン中で、サイトに無料登録するだけで600円分のポイントがもらえます。
 
ぼくは麻理のなかは1冊540ポイントで読めるので、もらった600ポイントを使えば実質無料で読めるというわけです。
 
しかも、31日以内に退会すれば料金は一切かからないし、退会してもダウンロードした漫画は手元に残るのでお得ですよ♪
 
ちなみに登録してから31日間は動画も見放題なので、観たい映画やアニメがある人には特にオススメです。
 
このキャンペーンがいつ終わるのかわからないので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

⇒今すぐ登録して「ぼくは麻理のなか」を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です